家計診断を行なって、生活をより快適にしよう。

ファミリー

視点

保険による節税対策

家族

家計の節約に対する意識が高まってきたことにより電気代や水道代の節約といった身近なところを始めとして、保険の見直し等の様々な観点からの節約が進められるようになりました。その新しいトレンドとして注目をされているのが節税対策であり、比較的取り組みやすい個人年金保険に加入することによる節税対策が広まってきています。もともと保険に対する意識があまり高くなかったのが日本社会でしたが、家計の節約の考えた広まったことによって徐々に保険についての理解が深められてきていることがこの背景にあります。また、保険の見直しを進める過程でファイナンシャルプランナーに相談することが増えています。その過程でファイナンシャルプランナーから保険による節税対策の提案がなされることがよく見受けられ、それによって節税対策を開始するというのげ現状の典型的な流れです。

節税への意識の高まり

個人による節税対策として着目されているのは個人年金保険加入による保険料の控除です。個人年金保険に加入することによって直接的な利益を求めることは標準利率があまり高くないためあまり現実的ではないのが事実です。その点に目が行ってしまって利用者が少なかったのですが、節税対策の観点からは控除があるという点でメリットが注目されるようになりました。こういった利率よりも控除という考え方は近年になるまで人々の意識としてあまり高くなかったものであり、今後の金融資産の運用の仕方に大きな影響を与えるものと予想されます。個人年金保険に限らず控除対象となるものに着眼して節税対策を行っていくことにより家計を支えるという考え方が一般的になっていくでしょう。